履歴書

○履歴書の基本

基本的に最初の選考は書類選考になるため、履歴書と職務経歴書の内容が重要になります。履歴書は単なる経歴の説明だけではなく、自分の長所や入社に対する熱意、意欲を簡潔に伝える必要があります。そのため、採用担当者がすぐにそのポイントに気づけるように配慮して記入することが重要です。

○手書きかパソコンか

パソコンが普及してから、履歴書を手書きにするかパソコンで記入するかは気にすることではなくなってきています。企業からの指定が無い場合でも手書きが必須という訳ではなく、また手書きが指定されていなければ、パソコンで作成したからといって不採用とする会社もありません。

○手書きとパソコンの違い

手書きのメリットは文字から個性が出やすく、熱意も伝えられる点です。デメリットは、文字が読みづらい場合がある点と、作成に労力と時間がかかる点です。特に、転職を考えている方の場合は、時間に限りがあるため、若干負担となる面もあります。パソコンのメリットは、作成の時間が短縮でききる点です。また、文字が均一で読みやすく、パソコンスキルの証明にもつながります。デメリットとしては、手書きが基本という意見を持っている施設もある点です。企業によっては、手書きかパソコンの指定を行なっている場合もあります。特に断りがない場合は、IT企業やパソコンを使う職種にはパソコン、伝統や格式を重んじるような企業や職種の場合は手書きで作成するなど、企業の雰囲気を見て判断することも必要です。不安な場合は、事前に確認しておいてもいいでしょう。

○記入時の注意点

手書きの場合、鉛筆やシャープペンではなく、必ずボールペンか万年筆などで記入します。色も黒や紺などの1色で統一して記入することが基本です。修正、改ざんをしていないという証明の為にボールペン等を使用します。そのため、誤字、脱字など間違えてしまった場合、修正ペンや修正テープ等は使用せず、白紙から書き直しましょう。

今すぐ求人情報を探す

新着の求人情報!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード