不動産業界に特化した求人転職情報

不動産求人ネット

転職回数が多い場合のポイント

○転職回数の記載

採用側が転職回数を気にするポイントは人間性と定着率という点です。 そのため、転職回数が多いと「職場に馴染まない」「飽きっぽい」などマイナスイメージにとる企業もあります。外資系や業種によっては転職回数に寛容的な企業もありますが、大手企業や古い企業などは転職回数自体が大事な採用基準になってきます。ただし、一ヶ月しか在籍していない企業などについても、職歴はすべて記載します。納得できる理由で転職をし、且つ今回の転職で長く勤めたいと思っているという点を意識して、書類を作成しましょう。

○ネガティブな発言はNG

転職回数が多い人にとって、転職回数は改善することができません。そのため退職理由で自分が転職した理由を洗い出し、相手に納得してもらえる理由か?という点を何度も見直し、キャリアアップなどのポジティブな転職であったことを確実に伝えます。退職理由を記載するときに一番に気をつけたいのが前職の批判です。前職の批判はそのまま応募者の評価として返ってきますので、注意が必要です。

×「給与が低かった」

… 相場から見て圧倒的に低いのであれば通用しますが、平均から年収数十万円程度の差であれば記載すべきではないでしょう。

×「残業が多かった」

… どの企業でも残業はつきものです。必要な時は残業が求められます。

×「上司が良くなかった」

… 良い人ばかりの職場はありません。その中でもやり抜くコミュニケーション能力は当たり前に求められるスキルです。

○意思表示

転職回数が多いと企業があなたを採用する際に一番懸念する点が定着率です。高い予算をかけて採用をし、教育をしても、定着しなければ戦力にはなりません、そのため、転職回数が多い方は、今度の転職で最後にしたいという意思表示を記載すると企業側も印象が変わるでしょう。

○スキルの高さ、豊富な経験をアピール

転職回数が多い方のメリットとして「豊富な経験とスキルがある」「人脈やコネがある」ことです。また、転職回数が多くても、一貫して職種、業種にこだわっている方も多いと思います。その場合は、職種、業種をひとまとめにし、スキルを基準に見やすいように記載するなど工夫が必要です。

今すぐ求人情報を探す

新着の求人情報!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード