学歴・職歴

学歴・職歴欄は、一目見たとき空欄が気にならないようにすることがポイントです。転職などで社会人経験のある場合は、空白にならないように配慮が必要です。


【学歴欄】

○学歴欄の書き方

最初の行の中央に「学歴」と記入します。その後、左寄せで列挙していきます。一般的に、学歴欄は中学校の卒業時点から記載します。但し、職歴欄を多く記載したい場合は、最終学歴の入学、卒業から書き始めても問題ありません。中学校、高等学校などは略せずに記載しましょう。

【例】
高校→高等学校
○○大→○○大学
○○短大→○○短期大学
学部・学科や専攻コースがある場合は学校名と同じ行にまとめて記載します。長い場合は2行になっても問題ありません。

○休学・留年・浪人がある場合

時系列で確認できるため、特に記載する必要はありません。ただし、面接の際に聞かれる可能性も高いので、質問に対する返答を用意しておきましょう。休学や留年、浪人の時期がある場合は、海外留学などアピールポイントがあれば、積極的に記載しておきましょう。

○中退・退学がある場合

履歴書に虚偽はあってはいけません。そのため、学生時代に中退や退学した場合でも、その経歴も記載しなければなりません。ただし、マイナスとして捉えるのではなく、「家庭の事情により」や「留学のため」などの適切な理由とともに記載しておくとよいでしょう。また、面接の際に問われる可能性も非常に高いので、その答えも用意しておく必要があります。

○写真サイズ、撮影時期


【職歴欄】

○職歴欄の書き方

要約として履歴書に記載し、詳細は職務経歴書に記載します。学歴欄と違い、その会社がどのような職種・業種、規模の企業で、どのような部署に配属し、どのような業務にあたったのかを記載することがポイントです。職歴欄は、学歴欄の最終行から1行あけて次の行の中央に「職歴」と記載して、以下の行から左寄せで記載します。会社の形態を表す(株)や(有)も省略せずに、「株式会社」や 「有限会社」と記載し、会社名についても略称ではなく、正式なものを記載します。学歴・職歴欄の最後は、右寄せで「以上」と記載します。履歴書の提出時点でまだ就職中の場合は、「以上」の代わりに「現在に至る」、または「○年○月にて退職予定」と記載します。退職の理由は、アピールするところが無い限り具体的に書く必要はありません。「一身上の都合により」または「会社都合により」といった文面で構いません。

○入社、退職の書き方

通常の企業であれば「○○株式会社入社」、「○○株式会社退職」と記載します。 但し、表現が異なる業種があります。

【例】
病院、会計事務所→勤務、退職
公務員→奉職、辞職
個人事業所→開業、閉鎖または廃業
経営者→設立、解散

○アルバイトの職歴

在学中のアルバイト経験については、職歴欄にはあまり書くべきではありません。アピールポイントがある場合は他の項目で書きましょう。いわゆるフリーターなど社会人としてアルバイトをしていた場合、空白の期間を埋めることができますので、書いても問題ありません。

○新卒者

職歴が無い旨をつたえる必要があるため、学歴欄だけで終わらせてはいけません。学歴を記載した下に一行おいて中央に「職歴」と記載し、次の行に左寄せで「なし」と記載、次の行に右寄せで「以上」と記載します。

今すぐ求人情報を探す

新着の求人情報!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード